ボランティア・ベンダー協会と業務提携しました

自販機を設置するだけで、自動的に飲料メーカーとオペレーター、設置先事業所が各1円ずつ、計3円を1本の清涼飲料で寄付・募金できるしくみとなっています。

ボランティア・ベンダーのステッカーが貼られた自販機で飲み物を買った人は1円も損をしないで、福祉や環境保護、国際貢献などの分野でがんばっている人たちに資金を送ることができるシステムです。

当協議会では、このボランティア・ベンダー協会と業務提携をし、自販機拡散に協力しています。

 

 

カテゴリー: 活動報告レポート | コメントをどうぞ

『いかにして自立を支えるか」が出来上がりました

厚生労働省平成25年度老人保健健康増進等事業において、当協議会では、「自立支援に関する訪問介護サービスのあり方に関する調査研究及び事例発表会の実施と好事例集の作成を通じた普及啓発事業」として、自立支援に資するケアの提供状況、提供時の阻害要因などについて広く実態を把握することを目的にヒアリング調査を行いました。

本書は、全国の訪問介護事業所に対するヒアリングや「全国事例発表会」に応募いただいた92事例の分析結果をまとめたものです。

全国の訪問介護サービスに携わる事業者の皆様の、ケアの質向上の一助となれば幸いです。

カテゴリー: 活動報告レポート | コメントをどうぞ

第8回全国事例発表会を開催しました

授賞式の様子

3月15日(土)、東京都港区三田にある、女性就業支援センターで、恒例の事例発表会が行われました。

各地区予選を経て、選りすぐりの11事例が紹介されました。
本年のテーマは「いかにして“自立”を支えるか?」。
第1回目からの好事例を集めた冊子も当日配布されました。

講評・講演には、昨年に引き続き、堀田聰子氏を迎え、話を伺いました。

会場では熱心にノートを取る聴衆の姿も見受けられ、活気あふれる事例発表会となりました。

カテゴリー: 活動報告レポート | コメントをどうぞ